ベリントは、ビジネスの継続的な成功は優れたコーポレートシチズンシップと密接に結びついていると確信しています。ビジネスのあらゆる側面で、ベリントのコアバリュー(誠実さ、透明性、謙虚さ、情熱、イノベーション)に基づき、ベリントの行動規範および適用法に準拠した倫理的な行動を取るべく努めています。

経営陣が倫理重視の模範を示しています

私たちは、株主の皆様に高い価値を提供する企業であるには倫理的な行動が不可欠であり、企業の倫理性は社員の行動に影響されると考えています。私たちは、倫理とコンプライアンスの重要性を従業員に理解させる最も重要かつ効果的な方法は、取締役会およびシニアマネジメントを通じて「トップの姿勢」を明確化することだと考えます。そのため、私たちは次のような対策を実践しています:

  • 倫理およびコンプライアンスに関する問題について、頻繁に、真面目に、オープンに話し合います
  • ベリント経営陣は、他社から提起された問題を倫理的かつオープンな責任ある態度で取り扱います
  • 弊社にとって効果的なガバナンスおよびコンプライアンスインフラを整備しています

ベリント行動規範に倫理基準を明確に定めています

ベリントの行動規範とは、従業員が倫理的で法規制を遵守した行動を取るためのガイダンスです。社内外におけるベリントの価値観を明確化し、倫理的およびコンプライアンス上の重要課題に関する包括的な指針を示し、従業員が正しい意思決定を行い、懸念事項を報告するためのフレームワークを定めています。また、世界中のベリント従業員に向けて、多言語のオンライントレーニングを提供しています。

トレーニングとガイダンスを通して、徹底したコンプライアンス対応の実現に努めています

ベリントは従業員に行動規範や海外不正行為防止法、インサイダー取引などを含む弊社の業務に関する様々な事項についての研修を義務付けています。さらにチーフコンプライアンスオフィサー(CCO)は、すべてのバックオフィス部門と事業担当者で構成されたコンプライアンス委員会を立ち上げ、ポリシーの承認、コンプライアンス イニシアチブの調整、リスクの評価や軽減に関する議論を行っています。

ベリントでは、年に数回、取締役会にすべてのコンプライアンス目標を報告しています。取締役会は、コンプライアンスに関する優先事項の設定、進行状況の確認、リスクの評価と軽減に向けた取り組みに積極的に関与しています。

ガバナンスインフラは株主の皆様に高い価値を提供します

ベリントのガバナンス委員会は、取締役会のガバナンス実施状況を定期的に審査するとともに、取締役を対象に、受託者責任およびコーポレートガバナンスの問題に関する定期的な教育を行なっています。

ベリントの報酬委員会は、役員と株主の皆様の利益を調整しながら弊社の事業目標および戦略目標を達成できるよう、弊社役員の動機を高める報酬指針を設定しています。同委員会はベリントの役員に対する現金および株式での報酬は、大部分が経営目標およびターゲットの達成に基づいて大きく変動するものであると定めています。