1. ナビゲーションに移動
  2. コンテンツに移動
  3. フッターに移動

身元認証および不正検知ソリューションが、どのように音声バイオメトリクスや予測分析を利用して、ライブ通話の間に顧客を認証して不正行為者を検知するのかをご紹介します。

認証

身元の認証と不正検知

音声バイオメトリクスを利用し、より迅速な顧客認証と確実な不正検知を

盗まれたデータをプロの不正行為者が入手できるため、電話でのやりとりの際に正当な顧客と不正行為者を区別する際、知識に基づいた認証または KBA(セキュリティ認証の質問など)だけでは不十分となってきています。それと同時に、今日の顧客はより素早いインタラクションを期待しており、セキュリティ認証の質問が多すぎるとストレスに感じます。そのため、コンタクトセンターは顧客体験とセキュリティの両方を改善するための、より優れた認証方法を求めています。

‬Verint 本人認証と不正検知‭‬ソリューションは、声紋認証を使用するため、パスワードを口頭で伝える必要がなく、リアルタイムで受動的に発信者を認証できます。これにより、認証が従来より迅速かつ簡単、そして安全に行えるようになります。コンタクトセンターでは以下のことが可能になります:

  • エージェントによる処理時間を短縮し、コストを削減。
  • セキュリティ認証の質問を減らし、顧客体験を改善。
  • より優れた不正検知。

このソリューションには次の2つの機能があります。

ベリントの身元認証では、ライブ通話を開始してからわずか数秒で、登録されている顧客の声に固有な特性、すなわち「声紋」を認識することで、セキュリティ認証の質問数を減らして平均処理時間を短縮します。このように認証が速くなることで、コンタクトセンターにおけるコストを削減し、顧客体験が向上します。

ベリントの不正検知は音声バイオメトリクスや他の予測要因を利用し、既知の不正行為者の声紋をデータベースに保存することで、通話の際にプロの「不正行為者」を特定します。不正行為者がセキュリティ認証の質問に回答してエージェントを欺いた場合にも検知できます。これにより、お客様のコンタクトセンターにおける不正検知率が各段に高まります。

ベリントの音声バイオメトリクス・ソリューションが、コールセンターにおいてデジタルの不正にどのように対処するのかをご紹介します:

詳細はこちら

お問合せ

03-6261 - 0970

身元認証および不正検知が、セキュリティ・プロダクト・マガジン誌による2015年の「ニュー・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞

ニュース記事

今すぐ見る»

コンタクトセンターのサービス:「コールセンターにおけるデジタル詐欺対策としての生体認識の使用」

ニュース記事

今すぐ見る»