事業の成功を継続させるには、倫理的なビジネス活動と優れたコーポレートシチズンシップ(社会の一員としての企業の責任と義務)が不可欠である、とベリントは考えています。倫理に基づいたビジネスを推進し従業員に期待される事柄を周知することを目的として、コーポレートガバナンスに関するインフラを構築しています。

ベリントでは経営陣が倫理重視の模範を示しています
私たちは、倫理とコンプライアンスの重要性を従業員に理解させる最も重要かつ効果的な方法は、取締役会およびシニアマネジメントを通じて「トップの姿勢」を明確化することだと考えます。詳しくはベリントのコーポレートガバナンスのページをご覧ください。

倫理基準を明確に定め、ポリシーについてのトレーニングを従業員に提供しています
ベリントの行動規範は従業員に対して、倫理およびコンプライアンスの重要課題に関する包括的な指針を示しています。また正しい意思決定を行い懸念事項を報告するためのフレームワークを定めています。さらにトレーニングや指導を通したコンプライアンスの徹底にも努めています。行動規範や海外不正行為防止法、インサイダー取引などを含む弊社の業務に関する様々な事項についての研修を従業員に義務付けています。

重要なコアバリューを基盤とする企業文化をサポートしています
弊社は、ビジネスのあらゆる側面で、倫理的かつベリントのコアバリューに沿った行動を取るべく努めています。誠実さ、イノベーション、透明性、謙虚さ、情熱これらのコアバリューは、弊社のお客様とパートナーそして従業員同士においてもビジネスを行なううえで重要なものであり、日々の意思決定についての指針を示すものでもあります。